ショップ店員になるには

ショップ店員になるには

こんにちは!アパレル販売員専門派遣会社エスピー企画のお仕事紹介担当です。

ショッピングをするとお世話になるのがショップ店員。
特に、アパレルショップで洋服を販売する「アパレル販売員」は、おしゃれで華やかなイメージがあり、自分もやってみたいけど、いろいろ大変そう、と思ってる方も多いのでは。

アパレル業のショップ店員はどのような仕事内容で、何をを求められているのか、その実像に迫りながら、ショップ店員になるにためのお役立ち情報をお教えします!

仕事内容

接客

「接客」といえば、ショップ店員の仕事の中でも、お客様がお店でのショッピングの印象をもっとも左右する大切な仕事。挨拶、商品知識などの基本的なスキルを身につけることはマストです。

その上で、自分のキャラクターを把握し、それを活かしながらお客様とのコミュニケーションをとり、ショッピングのサポートをすることが求められます。

  • ・基本スキルの習得(挨拶、商品知識など)
  • ・自分のキャラを活かしたコミュ力を身につける

販売

洋服やアクセサリーを販売するショップ店員として、取り扱う商品の知識を持つことは、必要不可欠。それは、正社員、契約社員、派遣社員の区別なく、すべての販売員に必要なスキルです。

でも、日々新しい商品が次々と入荷し、流行や季節の移り変わりに敏感なアパレル店員は、全ての商品を把握するだけでも大変。

それでも、売上を上げるショップ店員は、ショップの隅々まで把握しているもの。

その上で、お客さまの要望を聞きや、コーディネートの提案やアドバイスをし、満足のいくショッピングをサポートします。

  • ・取扱商品の知識や情報を身につけることは必要不可欠
  • ・ショップのことは、商品からサービスまですべてを把握

品だし

次々と入荷する新商品をきれいにたたみ、サイズごとに揃えて品だしをすることは、アパレル店員の大事な仕事のひとつ。

お客さまに商品を手に取ってみていただきたい気持ちと時間をかけてきれいに整えた売り場があっという間に乱れてしまってまた整頓をするのは、正直複雑な気持ちに。それでも、きれいに整えられた商品によって売り場の印象が大きく変わります。

きれいに早くたたむコツをつかみ、お客さまのサイズにあった商品をこちらからだしてあげるなど、工夫をしながら、楽しくルーティンをこなしたいもの。

また、売れたものを補充したり新商品を並べたりするため、商品の売れ行きを見る事が出来る大事な仕事です。そのため、率先して品出しをするのはショップ店員にとってスキルアップにいち早く繋がります。

  • ・品だしはショップのイメージを決める大切な仕事
  • ・ルーティンワークは工夫しながら楽しくこなす

商品管理

販売の仕事には、裏方の仕事も多々あります。

アパレルショップは店長によってお店のつくり方が異なり、ショップ店員は、店長の意向に沿った仕事を効率よく行う事が求められます。

販売の他に商品の在庫管理、商品納入の処理、返品作業、店舗間での商品のやりとりなど任されることもあります。数字や計算が得意でなくても、正確に数字や情報を処理することが間違いをしないために必要なスキルとなります。

  • ・裏方の仕事は、ショップの運営には欠かせない大切なタスク
  • ・効率的に仕事をこなすには、正確に数字や情報を処理する

商品アドバイス

商品を購入してもらうことがショップ店員の第一の仕事。とはいえ、お客さまの心理状態を無視した接客は、購入意欲のある場合でも気持ちを萎えさせてしまいます。あまりに積極的に商品をアピールしたり、セットやコーディネートを押しつけることは、自分が逆の立場になった時のことを思うと容易に想像がつくもの。

お客さまの視線や行動などから洞察しながら、適切な距離感で応対し、求められた情報をきちんと返答することから商品のアドバイスを始めることが大切です。お客さまとの信頼関係が構築できてから、自分なりのアドバイスやコーディネートの提案を行うようにしましょう。

  • ・お客さまの立場にたった接客スタイルを身につける
  • ・信頼関係を得て、はじめてお客さまに自分の意見を伝える

店内ディスプレイ

販売現場に立つアパレル販売員にとってショップの商品ディスプレイは非常に重要な意味を持ちます。マネキンやトルソーが着ている商品は、ショップのセンスが問われるうえ、売りたいアイテムでもあるので商品セレクトは、大切な業務です。季節感を醸し出すディスプレイや商品を探しやすいレイアウトなどお客さまの購買意欲をかき立てる空間作りができることは、売上アップに直結するのでぜひ身につけたいスキル。

  • ・マネキンのアイテム選びはショップを表す
  • ・店内ディスプレイの仕上がりでお客さまの購買意欲は変わる

ディスプレイについては、100人居れば100人のやり方が有り、どれが正解という訳でも無い。例えば、注目してもらう事だけを狙って有り得ないくらい奇抜な組み合わせのディスプレイをするのもOK!

ただディスプレイを考えるのではなく、何を目的としているかをしっかり押さえておくことが重要です。

ショップ店員の求人

ショップ店員の求人

ショップ店員が活躍する職場は?

アパレルを扱うショップ店員の職場は、ハイブランドから量販店までさまざま。取り扱う商品やサービスなど店舗形態で大きく異なります。
自分の好きなブランドでも勤務店舗によって仕事内容やショップの雰囲気が大きく変わってくる場合もありますので、ショップ店員の職場となる業務形態の特徴を知っておきましょう。

路面店

ブランドショップ

ブランドショップは、単一ブランドの商品を取り扱うため、そのブランドのカラーや世界観をきちんと理解し、接客販売する必要があります。
特にハイブランドは独自の商品構成とブランドイメージを守る厳格な品質管理とともにハイクオリティのサービスを提供します。販売員もブランドの規律を逸脱することなく、一歩上の接客マナーが求められます。

セレクトショップ

自社レーベルを持つ大手ショップもありますが、基本的にショップのコンセプトに沿っていろいろな取引先から商品を構成しているのがセレクトショップ。
取扱ブランドや商品アイテム数が多いので、商品知識を豊富に身につけ、お客さまへのコーディネートやアレンジのスキルが求められます

デパート

デパートに入っているショップもショップ店員としての仕事に路面店と大きな違いはありません。
ただ、お客さまがデパートに求められるサービスを理解し、商品知識、礼儀、マナーといった質の高い対応を身につけることが必要となります。それゆえ、テナントショップだけでなく、デパート全体のカラーを保ちながら、接客販売することが求められます。

ショッピングモール

ショッピングモールは、店舗数が多く、ウインドウショッピングを楽しみながら買い物をするお客さまが多いのが特徴です。ショップ販売員は、その雰囲気を壊すことなく、商品のアピールをしていくのが、腕の見せどころ。

また、来店されるお客さまの数も多いので、一人ひとりへのサービスを行き届かせることがむずかしいのが他運営形態のショップとの違いです。お客さまの要望を満たすために効率の良い販売スキルが求められます。

ショップ店員の求人

ショップ店員になる方法

一般的にショップ店員になるために、特別な資格を求められることはあまりありません

ショップ店員になるには、まず、どんなお店で働きたいのか、どんな商品を取り扱いたいのか自分の考えを整理してみること。雇用形態もさまざまなので、いままでのキャリアや経験などから条件にあった職場環境を探しましょう。

経験がなくてもバイトからスタートして、ステップアップする人も多いのでアパレル販売員として“ファッションへの興味”があればどんどんチャレンジしていきましょう。

では、どのように自分にあったショップを探すことができるのか2つの方法から考えてみます。

自分で応募する

気になるショップが求人をだしているかチェックしたり、知人の紹介といったコネクションなどを使い、自分から積極的に動いて志望のショップにアタックしてみる
アクティブで自分のやりたいことがわかっている人には最短距離で希望の職に就くことができるでしょう。

・メリット
自分のやりたいことなので志望動機が明確で面接などでも自分の考えをアピールでき、採用側に熱意を伝えやすい。業務内容も事前に調べやすいので、採用後の実務への適応がスムーズにできる。
・デメリット
希望の職場で働きたいという気持ちが大きすぎて、労働条件や職場環境など入社後の実際の待遇や細かな職務内容を見落としがち。それによって、自分の思い描いていた職場と現実とのギャップが大きくなり就業後悩むことも。

人材派遣会社に登録する

ショップ店員に興味はあるけど、どんなショップが求人をだしているのか、自分の条件に合うのか、なかなかわからないもの。そんな時は、人材派遣会社を頼るのもひとつの方法です。

アパレル業界に強い人材会社には、たくさんの求人情報があり、専門のコーディネーターがいるので、まずは相談してみることが希望の職場を見つける近道になるでしょう。

・メリット
まずは、取扱求人数が多い!その分、自分にあった職場が見つかりやすいということになります。一番のメリットは、コーディネーターが親身になってサポートしてくれるので、職場選定のミスマッチが少なく、就業後のトラブルなどアフターケアも充実している派遣会社が多いので、安心して任せることができる点です。
働く時間や勤務地など希望に沿った職場を見つけられるので、自分のライフスタイルに合わせて働くことができるのも魅力。
派遣会社によっては、事前に接遇講習や働きながら研修制度を受けられる派遣会社もあるので、キャリアアップを目指す方にもおすすめです。
また、派遣として働きながら将来的に正社員として採用される紹介予定派遣を利用できることも大きなメリットとなります。
・デメリット
派遣として働く一般的なデメリットは、正社員との待遇の違いや収入面が一定でないことが上げられます。
また、派遣スタッフの雇用は、企業やショップの業績により左右されることが多いので、業績が悪化した時は、コストカットの対象になることがあります。
ただ、派遣会社には、専門のコーディネーターやコンサルタントがいますので、相談に乗ってもらえるので安心して働くことができます。(販売の仕事は派遣として一つの場所で働く期間に上限があります。働いている職場が気に入っている場合は注意が必要。)

当社に登録してコーディネーターに相談したい方はこちら

ショップ店員の求人

面接ではどんなところを見られているの?

ショップ店員も希望の職に就くためには面接が不可欠。

でも、面接は緊張して自分をだすことができなくてニガテ、という方は多いのではないでしょうか。

面接ではどんなところを見られているかわからないから、不意の質問や面接官の視線にドギマギしてしまうもの。

ここでは、面接でチェックされる項目を確認し、自分らしさが発揮できるよう準備しましょう。

応募動機
なぜこの職業を志望したのか、どうしてこのショップで販売員がやりたいのか、とういう志望理由は必ず聞かれる質問です。まずは、面接を受ける前に、きちんと自分の考えを整理しておくことが大切。
「アパレルが好き」、「接客が好き」など、志望理由になることを自分の言葉で話すことができ、その気持ちが就業後どのようにショップで活かすことができるのか具体的に表現できるようになると自信を持って質問に答えることができます。
  • ・志望理由は事前に自分の考えを整理しておく
  • ・志望動機が職場でどのように活かすことができるか考える
人柄
ショップ店員として第一印象は、とっても大切。
毎日出会う新しいお客様に好印象を与えられことは、接客するにあたって販売にも大きく関わってくるからです。面接官は面接を通して応募者がどのようなショップで接客するかだいたいわかってしまうもの。
素の自分と対外的な顔、それぞれの良さを十分自己アピールできるように自分の性格を客観的に把握することが大切です。
もっとも求められる「コミュケーション力」を発揮するには、相手の身になって誠実に受け答えをし、仕事への熱意を伝える自己アピールをすることです。
  • ・ショップ店員における「人柄」とは「第一印象」の良さ
  • ・自分の性格を把握し「コミュニケーション力」を身につける
  • ・笑顔、そして元気が大切!落ち着きすぎはNG
ファッションセンス
実は面接の際にファッションセンスはあまり問われません。
逆にセンスがある人というのは奇抜に映る事があります。
もし、面接を受けるブランドの服を持っていればそれを着ていけば良いし、持ってなければ似たようなブランドの服を着ればOKです。
なお、雑貨等のショップの場合は、あまり派手な服装でない方がベターです。
  • ・面接では、ファッションセンスはあまり問われない
  • ・ショップのテイストに合った服装を心がける
髪型・メイク
人は見た目で第一印象がほぼ決まります。
髪型やメイクは自分がこう見られたいという自己主張になりますが、客観的な視点を忘れてはショップ店員としてNGです。服装と同様にブランドのテイストから逸脱したスタイルは、お客さまへ与える印象も良くありません。
とはいえ、ヘアスタイルやメイクは服を引き立たせる重要なポイントなので、客前に立つ意識を忘れずに、清潔感を保ち手入れや自分にあったヘアスタイルなど日頃からトレンドを意識しつつチェックする習慣を持つことが必要です。
  • ・ヘアメイクも服装同様ショップのテイストに合ったものにする
  • ・清潔感のある身だしなみ
  • ・日頃から自分のスタイルに関心を持つ

ショップ店員の求人

ショップ店員の給料はどれくらい?

アパレルを扱うショップ店員の給料は、職務内容により変わってきますが、他業界と比べるとあまり高いとはいえません

アルバイトの時給からスタートし、正社員にステップアップしたり、販売員から商品企画やバイヤーなどのポジションに移行して給料をアップさせることができる会社も多くあります。

給料
一般的にショップ店員の平均年収は250万円から400万円が相場と言われていますが、会社の規模や売上などにより大きく変わってきます。
また、景気にも売上が左右されるので、それにともない給与の変動も受けやすい業種でもあります。その反面、自身の売上数字がダイレクトに給与に反映するショップも多いので、仕事への熱意や販売スキルを高めることも給料アップに有効です。
福利厚生
正社員と派遣社員では福利厚生の内容も異なることが多いので、待遇面での事前のチェックは必要。
派遣社員では、さまざまな福利厚生をうけることができる派遣会社もあるので登録の際、確認しておくことも大切です。
服装に関する出費
アパレルのショップ店員の場合、シーズンごとに働くショップの服を購入して着なければならない場合もあります(試着販売と言います)。購入は社員割引で30~50%程度の値引きを受けることができますが、毎日の着回しを考えると結構な出費になります。
ただし、好きなショップの服を着ることによってお客さまに実体験から商品をすすめることができますし、売上アップにもつながります。
※単価が高めのブランドは社割だいたい70%値引きです
試着販売については以前書いた記事がありますので、こちらをご覧ください。
アパレルの試着販売について

ショップ店員の求人

ショップ店員の一日ってどんな感じ?

アパレル販売員の仕事に興味はあるけど、1日を通してどんな風に働いているのか意外と知らないもの。もちろんショップの運営形態によって仕事内容や流れは異なりますが、一般的なショップ店員の1日をご紹介します。

出勤

8:30 起床

朝の身支度は1時間くらい。

その日着る服装のコーディネートやメイクや髪型のセットなど、毎日のことだけどなれない内は時間がかかるもの。服のシワやほつれなど細かなところもチェックして出勤準備OK!

開店準備

9:30 店内清掃

開店1時間前から店内の準備。

店内のウインドウ拭きやフロアのモップ掛けなどの店内清掃。商品の整頓、補充などをして開店準備を整えます。

朝礼

9:50

出勤スタッフが集まり連絡事項の申し送りや情報の共有を行います。

売上目標やイベントなどの確認、挨拶などの声出しをするショップもあります。

開店

10:00

オープン後は店内整理を行いつつ、お客様の接客、レジ業務などを行います。

セール日は、オープン前から開店を待つお客さまが列をつくっていることも。

昼休憩(60分)

13時から15時の間にとります

お昼の休憩はだいたい1時間前後。午後の勤務に向けリフレッシュ。メイクやヘアを整えて後半戦に備えます。

勤務開始

後半の業務

午後から夕方にかけてお客さまが増えてきます。

それと同時に納品された商品の検品や在庫整理などバックヤードでの仕事も行います。

平日のピークタイムは17時ごろから。仕事や学校の終えたOLや学生のお客さまが多くなり接客が忙しくなります。

余裕のある日は店内のレイアウトやディスプレイを変えたり、商品のポップを作成したりします。

勤務終了

19:00

レジを締め、売上確認、簡単な店内清掃をして業務終了。

ショップによっては、商品の補充、在庫管理など翌日の開店をスムーズにできるように作業を行います。繁忙期やセール日などは、残業をすることもあります。

退店

20:15

売上目標の成果などの通達など終礼を行うショップもありますが、売上精算をし、売上金を金庫に保管し、業務終了。

施錠など防犯設備をしっかり行い帰宅します。

ショップ店員の求人

ショップ店員のミッションって?

アパレルを取り扱うショップ店員のミッション(使命)は、ショップの売り上げに貢献することです。毎月の売上目標をクリアするためには、ショップ店員個々人の販売スキルの向上は欠くことができません。

では、その販売スキルはどのようにして磨くことができるのでしょうか?

売上貢献

接客による販売力を上げることは、ショップ店員の課題です。

スタッフ同士でも競争があるのと同時に、ショップの掲げる売上目標に協力して達成しなくてはなりません。

同じものを扱っていても売れる販売員とそうでない販売員がいます。

その違いは、経験やスキルもありますが、やはり基本的な販売スタイルによることが多いです。

挨拶、言葉使いといった基本的な接客マナーを身につけ、その上で販売スキルとなるテクニックを向上させなければなりません。

接客マナー

お客さまに満足してショッピングをしていだくために接客マナーはあります。

具体的には、身だしなみや笑顔、気持ちの良い挨拶などを習慣づけることから始まります。

その上で、商品知識や商品コーディネートなどショップ店員としての意見を話すことができるスキルを身につけましょう。あとはお客さまが何を求めているのか察知する洞察力を磨くこと。

そのためには、お客さまの立場にたって想像したり、コミュニケーションから聞き出すことが大切です。

ショップのファンづくり

お客さまにリピーターになっていただくためには、ショップの商品を気に入っていただくことはもちろんですが、ショップ店員であるあなたのファンになってもらうことが一番の近道。

ショッピングの良きパートナーとなり信頼をいただくと、自然とお客さまはショップのファンになっていただけます。お客さま一人ひとりを自分の顧客として親身になってショッピングのサポートをすることで、たとえ働く環境やお店が変わったとしても、お客さまが自分頼りにしてくださることは販売員としてはうれしいものです。

ショップ店員の求人

アパレル販売員の将来性は?

流行の変化が激しいアパレル業界では、世相や景気とあいまってさまざまな業務体系が産まれては、消えていきます。

近年のファストファッションの隆盛で低価格でも高品質なファッションが一世を風靡し、その一方でハイブランドは独自の路線で顧客をしっかりとつかんでいる、といった2極化も進んでいます。

そんな状況の中、ショップ店員としてどのようにステップアップしていくことができるでしょうか?

年齢を重ねていくとショップで取り扱っていた商品がターゲットである年齢層と自分の年齢にギャップを生じてくることもあります。将来的には、ショップ内で店長やバイヤー、企画員などキャリアアップを考えるか、自分の年齢や経験にあった別のショップに転職することも視野にいれて考える必要があります。

販売員が好きでずっとやっていきたい方は、ショップにこだわることなく、自分のスキルを磨き、どこでも対応できる柔軟な接客スタイルを身につけておくことが大切です。

当社に登録してコーディネーターに相談したい方はこちら

アパレル販売のお仕事をご紹介します!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル5F 営業時間/平日 10:00〜18:00 土日祝休み

  • 0800-100-5455
  • WEB登録
  • 求人検索
アパレル販売のお仕事をご紹介
ページTOPへ
ページTOPへ